マネージャー/リンパマッサージでセルライト予防★

セルライトができる仕組み、、

脂肪細胞は、普通の状態では血液の近くにあり、

ほかの細胞と同様に代謝を盛んに行っています。

ところが血行が悪くなると、その脂肪細胞が遊離しはじめます。

遊離した脂肪細胞は、血液中の老廃物を付着させながら代謝の乱れを起こし、

周囲の正常な脂肪細胞を巻き込んで肥大化します。
 

脂肪細胞が肥大化すると血行不良状態の血管が更に圧迫され、

血行障害が進み、代謝不良を引き起こし
周りの細胞代謝も低下するため、脂肪層が増えて代謝の悪くなった

脂肪細胞=セルライトとなるのです。
 

つまり、セルライトは、リンパマッサージで余分な老廃物や水分をスムーズに循環させておけば、
防ぐことに有効です(#^^#)